タイトル画像

H28.08 定例会と公園交流会

2016.07.25(00:00) 18

8月の定例会と公園交流会は休会です。

暑い日が続きますので、体調管理に留意してお過ごし下さい。

※ブログの検索
右側の「カテゴリ」で選別して頂くと、ご希望の記事検索が簡単にできます。


スポンサーサイト

前頭側頭葉変性症 つくしの会


定例会 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

特別障害者手当

2016.07.20(00:00) 14

【概要】
特別障害者手当は、精神又は身体に著しく重度の障害を有し、日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある在宅の20歳以上の人に対して、重度の障害のため必要となる精神的、物質的な特別の負担軽減を図るために支払われる手当です
【対象者】
20歳以上の方で、精神障害者保健福祉手帳1級、2級程度および愛の手帳1、2度程度の障害が重複している方、又はそれと同等の疾病・精神障害(認知症も含まれる)を有する人
《対象から除外》
 1.病院または診療所に継続して3カ月を超えて入院している方
 2.施設(特別養護老人ホーム、など)に入所している方
 3.障害者本人が市内に住民登録がない方
 4.20歳未満の方
《所得限度額》 ※毎年変更の可能性があるので、窓口で確認して下さい
 基準となる所得(収入額から公的控除額を差し引いた手取り額)は、
 ・本人所得で扶養家族(居ない)=約360万円が基準
 ・配偶者および扶養家族(1人居る)=650万円が基準
【手続き】
1.申請する窓口は、居住地の区市町村=障害福祉課や保健福祉課が担当する場合が多い
 (1) 認定請求書=区市町村の窓口で受け取って記入して下さい
 (2) 診断書=様式は指定のため、区市町村の窓口で受け取って、医療機関に作成を依頼して下さい
 (3) 所得状況届
 (4) 口座登録依頼書=銀行の通帳を持参下さい
 (5) 印鑑 
 (6) (非)課税証明書
  ①1月1非現在の住所が申請区市町村にある人は、同意書の署名で公簿で確認して頂けます
  ②証明書が必要な方は、本人・配偶者・扶養義務者です
 (7)年金証書(受給されている場合)
【手当額】
 《金額》
  26,620円(月額)
 《支給》
  5月・8月・11月・2月の年4回
【障害判定基準】
 《精神障害》 日常生活動作評価表が14点以上
  1.食事=1人で出来る(0点)・介護あれば食べれる(1点)・出来ない(2点)
  2.用便=1人で出来る(0点)・介護あれば出来る(1点)・出来ない(2点)
  3.衣服の着脱=1人で出来る(0点)・介護あれば出来る(1点)・出来ない(2点)
  4.簡単な買い物=1人で出来る(0点)・介護あれば出来る(1点)・出来ない(2点)
  5.家族との会話=通じる(0点)・少し通じる(1点)・通じない(2点)
  6.家族以外との会話=通じる(0点)・少し通じる(1点)・通じない(2点)
  7.刃物・火の危険=分かる(0点)・少し分かる(1点)・分からない(2点)
  8.戸外での危険から =守れる(0点)・不十分だが守れる(1点)・守れない(2点)
    身を守る(交通事故)


前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

難病患者福祉手当

2016.07.15(00:00) 27

【概要】
難病患者福祉手当は、難病にり患した方の福祉の増進のために、難病医療費助成制度の受給者証を受けた人に支払われる手当です。
【対象者】
65歳以下で、難病医療費助成制度の受給者証を受けた人
 《対象から除外》
  1.65歳以上の方
  2.規則で定められている施設(特別養護老人ホームなど)に入所している方
  3.所得制限基準額を超えている人
  4.その他、区市町村で定めている項目があるので、申請前に必ず窓口に確認して下さい
 《所得制限基準額》 ※窓口で確認して下さい
   所得限度額=[都道府県民税の非課税所得以外の所得]-[各種控除額]
   〔扶養親族数〕 〔基準額〕
      0 人・・・・・・3,604,000円    
      1 人・・・・・・3,984,000円
      2 人・・・・・・4,364,000円
      3 人・・・・・・4,744,000円
      4 人・・・・・・5,124,000円
      5 人・・・・・・5,504,000円
【手続き】
 1.申請する窓口は、居住地の区市町村=難病医療費助成制度取り扱い部署
  (1) 難病医療費助成制度の受給者証
  (2) 手当振込み先銀行の通帳
  (3) 印鑑 
【手当額】
  《金額》
   各区市町村で異なるため、居住の区市町村に確認して下さい
   ※東京都の各区市町村の手当額は、「東京都各区市町村の手当額」を参照下さい
  《支給》
   4月、8月、12月に各4カ月分をまとめて支給
   なお、詳細は居住の区市町村に確認して下さい
   

前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

定例会(H28.07)の報告

2016.07.15(00:00) 17

【開催結果】
7月14日に7月定例会を花の舞・小平店で11時40分~15時15分に開催しました。
定例会には、世話役3人と相模原市から言語聴覚士さんと居宅介護支援事業所の管理者の方が出席し、昼食を食べながら歓談しました。
意味性認知症は言語障害が早い時期から現われるため、言語リハビリは非常に関心があり、世話役のららさんのご主人も今月言語リハビリを受ける予定になっています。
今日は意味性認知症の方に言語リハビリを行っている言語聴覚士さんが来られたので、実際に行われている言語リハビリについての話しがメインになり、参考になる話しを聞かせて頂きました。
このような機会が自然の流れの中でできたことは大変嬉しいことで、今後も定例会に出席していろいろなリハビリ事例をお話し頂けたらと思います。
定例会は、7月4日の公園交流会の話しも出るなど、話しが途切れることなく続き、お店の方から「そろそろ」と注意を受けてしまうくらい楽しい時間を一緒に過ごすことができました。
そして、おまけとしてももさんと私は、言語聴覚士さんが行っている言語リハビリを見学させて頂くことになりました。
《追記》
リンクしている「意味性認知症の夫との闘病記」ブログに、言語リハビリの利用方法が記されています。
 URL=言語リハビリの利用について

前頭側頭葉変性症 つくしの会


定例会 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

自動車税・自動車取得税の減免

2016.07.12(00:00) 36

【概要】
精神障害者保健福祉手帳を持っている人が使用する自動車で一定の要件を満たす場合、自動車税および自動車取得税の減免を受けることができる制度です。
【申請期限等】
 1.新規登録により取得(新車・中古車新規登録)した自動車
  (1) 申請期限=登録(取得)の日から1ケ月以内
  (2) 減免対象税目=自動車税および自動車取得税
  (3) 減免適用年度=申請年度
  (4) 既に減免を受けている自動車がある場合=申請期限までに抹消登録(配車)、または移転登録(名義変
    更)を行う
 2.移転登録により取得(名義変更)した自動車
  (1) 申請期限=登録(取得)の日から1ケ月以内
  (2) 減免対象税目=自動車税および自動車取得税
  (3) 減免適用年度=申請年度
  (4) 既に減免を受けている自動車がある場合=申請期限までに抹消登録(配車)、または移転登録(名義変
    更)を行う
 3.既に所有している自動車
  (1) 申請期間=4月1日~5月31日
   ①減免対象税目=自動車税
   ②減免適用年度=申請年度
   ③既に減免を受けている自動車がある場合=障害者1人につき1台
  (2) 申請期間=6月1日~翌年の3月31日
   ①減免対象税目=自動車税
   ②減免適用年度=事前受付で、申請年度の翌年分から減免される
    ※翌年の4月に審査結果が通知されます   
   ③既に減免を受けている自動車がある場合=障害者1人につき1台
【申請場所】
 各都道府県税務事務所、自動車税事務所
【対象】
以下の両方を保持している人 
 1.精神障害者保健福祉手帳(1級)
 2.自立支援医療費受給証
【対象の自動車】
 《障害本人が所有者または取得者》
  1.障害者本人が運転=特に問われません
  2.障害者以外の人が運転=障害者のための通院等に使用する
 《障害者と生計を同じくする人》
  1.障害者本人が運転=障害者のための通院等に使用する
  2.障害者以外の人が運転=障害者のための通院等に使用する
 ※留意事項
  (1) 自動車は、自動車検査証に「自家用」と記載されている車に限ります
  (2) 生計を同じくする人とは、障害者の方と同居している方や近隣(障害者の方の住所地から2㎞以内)に
    住んでいる親族の方
  (3) 免許証に条件が記されている場合は、条件に合った車
【減免額】
 《自動車税》
  45,000円/年間・・・超える部分は負担となり、新規登録の場合は登録月により月割り額になります
   ※グリーン化税制の適用を受ける自動車で、適用後の税額が上限額を超える場合、その超える額の納付
     が必要になる
 《自動車取得税
  課税標準額300万円相当分に税率を乗じて得た額
   ※障害者の人が運転又は利用するため特別の改造をした場合は、改造費部分を上限額に加算します
【手続き】
 《障害者の人が所有または取得した車を、運転または障害者以外の人が障害者の通院等ために運転》
  ①減免申請書・・・各都道府県の主税局ホームページからダウンロードできます
  ②精神障害者保健福祉手帳の原本
  ③自立支援医療費受給証の原本
  ④運転する人の運転免許証、または表・裏両面のコピー
  ⑤所有(取得)者の印鑑(認印)
  ⑥車検証・・・登録番号、登録年月日、用途、定置場、種別を記すので持参をお勧めします
 《生計を同じくする人が所有または取得した車を、障害者以外の人が障害者の通院等ために運転》  
  ①~⑥に加えて、  
  ⑦近隣(障害者の方の住所地から2㎞以内)に住んでいる親族の方は、親族であると確認できる書面
    (戸籍謄本等)
【留意事項】
 1.4月下旬=減免が決定されると「減免決定通知書」が送付される
 2.5月初旬=減免上限額(45,000円)を超える場合は、差額分の「自動車税納税通知書」が送付される
 3.適用年度の10月上旬に「自動車税減免(下肢等障害者用)の更新手続について」が送付されるので、
   減免申請をする必要がある


前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

NHK受信料の免除

2016.07.10(00:00) 33

【概要】
NHKの受信料が適用条件を満たすことで減免になります。
【減免の対象】
 1.全額免除
  (1) 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ世帯構成員全員が区市町村民税が非課税である
  (2) 社会福祉法に規定される社会福祉事業を行う施設に入所されている
  (3) 生活保護法に規定する公的扶助を受けている
 2.半額免除
  精神障害者保健福祉手帳1級の手帳をお持ちの方が、世帯主で受信契約者である
【手続き】
 1.免除申請書に必要事項を記入する
    申請書はNHK、福祉事務所、各自治体の窓口(住民係)にあります
    申請には、受信料契約形態(地上契約か衛星契約)、受信料のお客様番号、印鑑(認印)が必要です
 2.申請書は自治体の窓口に提出し、免除基準を満たしているか確認を受け、申請書に証明印を受けます
   なお、区市町村民税が非課税および半額免除の申請については、NHKへ直接申請もできますので、
   NHKに詳細をご確認下さい
 3.証明印を受けた申請書は、NHKに提出(郵送)して下さい
   NHKへの提出は、自治体窓口で送付用の封筒を受領するか、送付先を確認して下さい 
 4.NHKで免除申請書を確認し、「免除受理通知書」が送付されてきます
【受信料】※半額免除
 《地上契約》    
   月額  1.260円 ⇒   630円
   年額 13,990円 ⇒ 6,995円
 《衛星契約》
   月額  2,230円 ⇒ 1,115円
   年額 24,770円 ⇒ 12,385円
 

前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

H28.07.04 公園交流会(昭和記念公園)

2016.07.04(00:00) 13

【開催報告】
今日、昭和記念公園で公園交流会を開催しました。
公園交流会は、認知症本人を連れて参加し、広々とした公園の中を散策したり、昼食を食べたりする集いです。
特に前頭側頭葉変性症の介護者は、日々介護に追われ、ゆっくりと気分転換することが出来ないみとが多いので、参加する介護者が一緒になって介護することで、疲れている心身を癒すことを目的に開催しました。

参加者は、4世帯、6人で4月17日のつくしの会定例会と同じ参加者(サポータ参加のKさん以外)となりました。
公園の屋外テーブルで昼食を食べ、公園内を周回しているトレインに乗り、日本庭園に立ち寄るなどしながら2周しました。
今日参加された認知症ご本人も大好きな乗り物に乗れて満足そうで、CMさんのご主人は東京音頭を手振りで踊るなど、11時から15時まで「暑い、暑い」を連発しながらでしたが、明るく、楽しく認知症ご本人と家族が交流することができました。
介護する方が少しでも心身を癒して頂くことが出来、新たな気持ちで次に進んで頂けたら幸いです。


前頭側頭葉変性症 つくしの会


定例会 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2016年07月
  1. H28.08 定例会と公園交流会(07/25)
  2. 特別障害者手当(07/20)
  3. 難病患者福祉手当(07/15)
  4. 定例会(H28.07)の報告(07/15)
  5. 自動車税・自動車取得税の減免(07/12)
  6. NHK受信料の免除(07/10)
  7. H28.07.04 公園交流会(昭和記念公園)(07/04)