FC2ブログ

タイトル画像

高額療養費制度

2016.09.03(00:00) 20

【概要】
高額療養費制度は、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定の額(自己負担限度額)を超えた時、保険者に請求することにより、自己負担限度額を超えた額が後から払い戻される制度です。
【自己負担限度額(月額)】 70才未満の方
 《年収約1,160万以上》
 健保(標報月額83万円以上)と国保(世帯全員の所得合計額が901万円を超える)
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が3回目まで=252,600+(医療費-842,000)☓1%
  ・4回目以降=140,100円
 《年収約770万~約1,160万》
 健保(標報月額53万円~79万円)と国保(世帯全員の所得合計額が600万~901万円を超える) 
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が3回目まで=167,400+(医療費-558,000)☓1%
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が4回目以降=93,000円
 《年収約370万~約770万》
 健保(標報月額28万円~50万円)と国保(世帯全員の所得合計額が210万~600万円を超える) 
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が3回目まで=80,100+(医療費-267,000)☓1%
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が4回目以降=44,400円
 《~年収約370万まで》
 健保(標報月額26万円以下)と国保(世帯全員の所得合計額が210万以下) 
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が3回目まで=57,600
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が4回目以降=44,400円
 《住民税非課税者》
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が3回目まで=35,400
  ・直近12カ月で高額療養費の支給が4回目以降=24,600円

【自己負担限度額(月額)】 70才以上の方
 《現役並み所得者》
  ・外来(個人ごと)=44,400
  ・1カ月の負担上限額=80,100円+(総医療費-267,000円)☓1%
 《一般》
  ・外来(個人ごと)=12,000
  ・1カ月の負担上限額=44,400
 《住民税非課税 区分=Ⅱ》
 ※区分=Ⅰ以外の方
  ・外来(個人ごと)=8,000
  ・1カ月の負担上限額=24,600
 《住民税非課税 区分=Ⅰ》
 ※年金収入のみ80万以下で所得控除すると総所得金額がゼロの方
  なお、後期高齢者保険の場合は、老齢福祉年金を受給している人(老齢基礎年金ではない) 
 ・外来(個人ごと)=8,000
  ・1カ月の負担上限額=15,000

〔高額医療費制度マニュアル〕
  高額療養費制度
スポンサーサイト


前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<高額介護サービス費 | ホームへ | H28.09 定例会・公園交流会の開催案内>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する