タイトル画像

難病等治療研究通院費補助 【新潟県独自の支給】

2016.09.07(00:00) 26

【概要】
 6ケ月以上日常生活を送るために、歩行介助が必要となっている難病患者の方が通院する場合に、通院費用を支給する事業です
【対象】
 対象となる人は、以下の両方の条件に該当する方です。
 なお、通院に対する補助のため、往診や訪問診療は該当しません。
  1.新潟 県の特定医療費(指定難病)受給者証、又は小児慢性特定疾病医療受給者証を持っている
    6歳以上の在宅療養中の方
  2.上記のうちいずれかの受給資格を得てから、 上記疾患のために寝たきり(日常生活を送るために介助
    が必要)の状態が6か月以上継続している方
  《寝たきり度》
  J=一部自立・・・寝たきりの状態でないので対象外 
    なんらかの障害は有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出する
  A=準寝たきり
    屋内での生活は概ね自立しているが、 介助なしには外出(通院)できない
  B=寝たきり 1
    屋内の生活は何らかの介助を要し、 日中もベッドの上の生活が主体であるが座位を保つ
  C=寝たきり 2
     一日中ベッド上で過ごし、 排泄・食事・着替において介助を要する
【手続き】
 手続きの窓口は、保健所保健管理課、区役所健康保健課、地域保健福祉センターです 
 《提出書類》
  1.難病等治療研究通院費交付申請書・・・窓口に用意されている
  2.難病等情報提供書・・・窓口に指定様式があり、医師に作成を依頼する
  3.委任状・・・申請者、又は口座名義人が患者と異なる場合に必要です
 《持参》
  1.特定医療費(指定難病)受給者証、又は小児慢性特定疾病医療受給者証
  2.手当の振込み先銀行(郵便局)の通帳
  3.印鑑
 《留意事項》
   委任状が必要な場合は、手続きする窓口に事前に確認して下さい
【支給】
 1.支給額=月額4,000円×通院した月数
 2.支給=年2回
   ・3月~8月までの通院・・・9月末までに申請
   ・9月~2月までの通院・・・3月末までに申請
スポンサーサイト


前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<難病医療費助成制度 | ホームへ | 後期高齢者医療制度>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する