FC2ブログ

タイトル画像

自動車税・自動車取得税の減免

2016.07.12(00:00) 36

【概要】
精神障害者保健福祉手帳を持っている人が使用する自動車で一定の要件を満たす場合、自動車税および自動車取得税の減免を受けることができる制度です。
【申請期限等】
 1.新規登録により取得(新車・中古車新規登録)した自動車
  (1) 申請期限=登録(取得)の日から1ケ月以内
  (2) 減免対象税目=自動車税および自動車取得税
  (3) 減免適用年度=申請年度
  (4) 既に減免を受けている自動車がある場合=申請期限までに抹消登録(配車)、または移転登録(名義変
    更)を行う
 2.移転登録により取得(名義変更)した自動車
  (1) 申請期限=登録(取得)の日から1ケ月以内
  (2) 減免対象税目=自動車税および自動車取得税
  (3) 減免適用年度=申請年度
  (4) 既に減免を受けている自動車がある場合=申請期限までに抹消登録(配車)、または移転登録(名義変
    更)を行う
 3.既に所有している自動車
  (1) 申請期間=4月1日~5月31日
   ①減免対象税目=自動車税
   ②減免適用年度=申請年度
   ③既に減免を受けている自動車がある場合=障害者1人につき1台
  (2) 申請期間=6月1日~翌年の3月31日
   ①減免対象税目=自動車税
   ②減免適用年度=事前受付で、申請年度の翌年分から減免される
    ※翌年の4月に審査結果が通知されます   
   ③既に減免を受けている自動車がある場合=障害者1人につき1台
【申請場所】
 各都道府県税務事務所、自動車税事務所
【対象】
以下の両方を保持している人 
 1.精神障害者保健福祉手帳(1級)
 2.自立支援医療費受給証
【対象の自動車】
 《障害本人が所有者または取得者》
  1.障害者本人が運転=特に問われません
  2.障害者以外の人が運転=障害者のための通院等に使用する
 《障害者と生計を同じくする人》
  1.障害者本人が運転=障害者のための通院等に使用する
  2.障害者以外の人が運転=障害者のための通院等に使用する
 ※留意事項
  (1) 自動車は、自動車検査証に「自家用」と記載されている車に限ります
  (2) 生計を同じくする人とは、障害者の方と同居している方や近隣(障害者の方の住所地から2㎞以内)に
    住んでいる親族の方
  (3) 免許証に条件が記されている場合は、条件に合った車
【減免額】
 《自動車税》
  45,000円/年間・・・超える部分は負担となり、新規登録の場合は登録月により月割り額になります
   ※グリーン化税制の適用を受ける自動車で、適用後の税額が上限額を超える場合、その超える額の納付
     が必要になる
 《自動車取得税
  課税標準額300万円相当分に税率を乗じて得た額
   ※障害者の人が運転又は利用するため特別の改造をした場合は、改造費部分を上限額に加算します
【手続き】
 《障害者の人が所有または取得した車を、運転または障害者以外の人が障害者の通院等ために運転》
  ①減免申請書・・・各都道府県の主税局ホームページからダウンロードできます
  ②精神障害者保健福祉手帳の原本
  ③自立支援医療費受給証の原本
  ④運転する人の運転免許証、または表・裏両面のコピー
  ⑤所有(取得)者の印鑑(認印)
  ⑥車検証・・・登録番号、登録年月日、用途、定置場、種別を記すので持参をお勧めします
 《生計を同じくする人が所有または取得した車を、障害者以外の人が障害者の通院等ために運転》  
  ①~⑥に加えて、  
  ⑦近隣(障害者の方の住所地から2㎞以内)に住んでいる親族の方は、親族であると確認できる書面
    (戸籍謄本等)
【留意事項】
 1.4月下旬=減免が決定されると「減免決定通知書」が送付される
 2.5月初旬=減免上限額(45,000円)を超える場合は、差額分の「自動車税納税通知書」が送付される
 3.適用年度の10月上旬に「自動車税減免(下肢等障害者用)の更新手続について」が送付されるので、
   減免申請をする必要がある
スポンサーサイト


前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<定例会(H28.07)の報告 | ホームへ | NHK受信料の免除>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する