タイトル画像

高額介護サービス費

2016.09.04(00:00) 76

【概要】
介護サービスを利用する場合に支払う利用者負担には、月々の負担の上限額が設定されています。
1カ月に支払った利用者負担の合計が負担の上限を超えた時、超えた分が払い戻される制度です。
【負担上限額】 
 1.市区町村民税の課税者がいる世帯(※注1)
    負担上限月額=44,400円(世帯)
      〃   年額=446,400円(世帯)
     ・同じ世帯の全ての65才以上の方(サービスを受けていない人も含む)の利用者負担割合が1割
      の世帯は、年間の上限が設けられている。 
 2.市区町村民税の課税者がいない世帯
    負担上限月額=24,600円(世帯)
 3.年間80万円以下の世帯
    負担上限月額=24,600円(世帯)
      〃      =15,000円(個人・・・※注2)
 4.生活保護受給者
    負担上限額月=15,000円(個人)
  〔※注〕
   ※注1=世帯
     住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した全員の合計上限額です
   ※注2=個人
     介護サービスを利用した本人の負担の上限額です
 《利用者負担割合の基準》
  〔2割負担の人〕
   以下の①~④の全てに該当する人
    ①65才以上の人
    ②市区町村民税が課税されている人
    ③本人の合計所得金額(※注4)が160万円以上の人(年金収入のみは年収280万円以上)
    ④同じ世帯の65才以上の人の「年金収入とその他の合計所得金額(※注5)」が1人で280万円以上
      の人、65才以上の人が2人以上の世帯で346万円以上の人
  〔1割負担の人〕
    2割負担になる人以外の人です
  〔※注〕
   ※注3=合計所得金額
     収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の
     控除をする前の所得金額です
   ※注4=その他の合計所得金額
     合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額です
【手続き】
 高額介護サービス費に該当すると、居住する市区町村から申請用紙が送られてくるので、期限内に担当の
 窓口で手続きを行って下さい。
 手続きは初回のみです。


スポンサーサイト


前頭側頭葉変性症 つくしの会


利用できる制度 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<後期高齢者医療制度 | ホームへ | 高額療養費制度>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する